容量無制限の無料オンラインストレージ

firestorage

firestorageとAmazon のストレージ -(AWS S3)を同期するための準備

投稿日:

アカウントを作成します

AWSのサイトで AWSのアカウントを作成します。
AWS S3を初めて利用する方は、1年間無料で利用可能です

必要事項を入力します。「次へ」をクリックすると「クレジットカード入力画面が表示されます」

電話番号は最初の「0」抜きで登録します

登録完了です

バケットを作成します


コンソールにサインインします。ルートユーザーを選択し、登録したEメールアドレスとパスワードを入力します。

検索フィールドからS3を「バケット」選択します

「バケット作成」をクリックしユーザー名を入力します。

※ユーザー名はリージョン内で重複したユーザー名は利用できません。

「このバケットのブロックパブリックアクセス設定」の「パブリックアクセスをすべて ブロック」のチェックを外し、該当の箇所にチェックします

「バケット作成」をクリックします

IAMポリシーを作成します

検索フィールドからIAMを選択します
アクセス管理 > ポリシー>「ポリシーを作成」 をクリックします

ポリシーの作成>「JSON」タブを選択します

下記のポリシーをコピー&ペーストし、バケット名を、作成したバケット名に変更します

{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Sid": "VisualEditor1",
"Effect": "Allow",
"Action": [
"s3:GetBucketLocation",
"s3:ListAllMyBuckets",
"s3:ListMultiRegionAccessPoints"
],
"Resource": "*"
},
{
"Sid": "VisualEditor2",
"Effect": "Allow",
"Action": [
"s3:PutObject",
"s3:GetObject",
"s3:DeleteObject"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::バケット名/*"
}
] }

追加せずに「次のステップ」をクリックします

ポリシー>名前を入力します

アクセスキーを作成

画面左のアクセス管理から「ユーザー」を選択し「ユーザーを追加」をクリックします

ユーザー名を英文字で入力し、AWS認証情報タイプ「アクセスキー・プログラムによるアクセス」にチェックを入れて「次のステップ」をクリックします

「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、作成したポリシーにチェックを入れて「次のステップ」をクリックします

キー名を入力し「次のステップ」をクリック

「ユーザーの作成」をクリック

アクセスキーとシークレットキーをメモします。

※シークレットキーは作成時しか表示されませんので、なくさないように保存してください。

バケットポリシーの作成

「バケット」選択し該当のバケットを選択します

該当バケットのアクセス許可をクリックし、「バケットポリシー」「編集」をクリック

下記をコピー&ペーストしてバケット名の箇所を作成したバケット名に変更します

{
"Version": "2012-10-17",
"Statement": [
{
"Effect": "Allow",
"Principal": "*",
"Action": [
"s3:ListBucket",
"s3:GetBucketLocation"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::バケット名" 
},
{
"Effect": "Allow",
"Principal": "*",
"Action": [
"s3:PutObject",
"s3:GetObject",
"s3:DeleteObject"
],
"Resource": "arn:aws:s3:::バケット名/*" 
}
] }

firestorageとAmazonS3の連携方法

firestorageとの連携方法についてはこちらをご覧ください

Copyright© firestorage , 2022 All Rights Reserved.